• HOME>
  • CULTURE>
  • 【ネズミがバイト?】ベトナム・テトのお祭りの一部始終をご紹介

CULTURE

【ネズミがバイト?】ベトナム・テトのお祭りの一部始終をご紹介

2020.02.04

タイトルの通り、ネズミがバイトしている現場を目撃してしまいました。

 

それはとあるベトナムの田舎&旧正月での出来事。

 

多くのベトナム人がホーチミンやハノイから、各々の田舎へ帰省していました。

 

私は諸事情で、ベンチェという田舎町に滞在していました。

 

位置はここら辺。

Google Map

 

ホーチミンから車で約2時間ほどの位置にあります。

 

どれほど田舎かというと、道に沢山🐄がいます。

 

話を戻しますが、その滞在中の夜にお祭りがあり非常に活気が溢れていました。

 

その賑やかさに釣られ、私自身もお祭りへ向かってしまいました。

 

たくさんの屋台があります。射的やダーツ、輪投げなど少々ベトナライズ(笑)されている屋台が並んでいます。

 

ひとまずベトナムのお祭りを知って欲しいので、画像付きで説明します。

 

これはダーツ。

おばちゃんがすんごい見てきますが気にせず。ダーツを投げて風船を破ります。

 

これはボールを入れるやつ。

跳ねてしまうので、ほぼ入りません。

 

これは射的。

缶の上に乗ったボールを、缶を倒さず撃ち抜くと景品が貰えます。

 

缶は空き缶なので、ボールを打ち抜いた風圧と威力で一緒に倒れてしまい、景品が獲得出来ませんでした。

 

こちらは違う種類のダーツ。

ルールは分かりませんでした。

 

ですが景品をようやく来てゲット。

全然いらないですね。

 

会場内にはステージも設置されていて、スピーカー爆音で歌ってました。

ベトナムのマイクの音量には3年住んでても慣れません。相変わらず鼓膜が破れるかと思います。

 

色々と屋台をご紹介しましたが、その中でも一際目立った屋台がありました。

皆さんお分かりだろうか。

拡大しましょう。

??

 

ネズミがいるではないですか。

 

それも、ものすごく大きい。おそらく東京のネズミを遥かに超えるサイズ。

 

じっとこちらを警戒していました。

 

これは何かと言いますと、自分が持っている番号の柵にネズミが入れば景品がもらえるゲームです。お金を払うと4つほど番号が書かれた札を渡されて、後はネズミに運を託します。

 

 

この写真ではネズミがバケツに乗っちゃっていますが、バケツにネズミが入った状態でスタートします。

 

ネズミが働きたくない様子の時は、店主が強制的に働かせます。

 

強制労働を嫌う本能は人間と一緒ですね。

バケツが開き、スタートしましたがネズミはしぶとくサボります。

柵に入る素振りを見せますが、なかなか入りません(この後5分くらいネズミは粘ってました)

 

こんな感じで、謎の屋台やネズミがダルそうにバイトしているゲームがベトナムの田舎にはあります。

 

興味のある方は行ってみてください。

NOTE & INFORMATION

Shun